技術力・品質にこだわって製作します

誠心誠意取り組みます

当社は明治10年より京都左京区にて創業し、

父から子へ、子から孫へと続き、

創業140年余り経ちました。

この140年余り、受け継がれてきた言葉が、

 『「誠意」がなくなれば継ぐな、

お客様に喜ばれなくなれば商売はやめろ』

この言葉を胸に今日までやってきました。

 

おかげ様で、桐箱やお茶道具の制作に加えて、

桐材を用いた生活道具の制作や各種道具の

補修などもご依頼いただくようになりました。

私達はプロの職人として伝統と誇りを守り、

誠心誠意がんばっていく所存です。

どんなに小さなご要望でも、

一度お問合せください。

ステイトメント.png

技術とこだわり

京都桐箱工芸では100年以上にわたって様々なお客様の課題を解決することで培った技術と創業当初から変わらずに受け継いできたこだわりがあります。

100年以上選ばれ続けている理由

トップページ_最適なご提案.png

最適なご提案

これまで様々なお客様のご要望にお答えしてきました。そんな私たちだからこそ、お客様のご予算や使用用途に合わせてベストなご提案が可能です。

トップページ_様々な加工技術.png

様々な加工技術

140余年の経験で蓄積された様々な加工技術がございます。それらをもとにお客様の様々な課題に柔軟に対応いたします。

トップページ_豊富な材料在庫.png

豊富な材料在庫

先代から大事に引き継がれてきた豊富な材料在庫がございます。お客様のご要望に合わせて最適な材料をご提案いたします。

製作事例

​桐箱

会津桐を用いて制作いたしました。蓋はヤロー蓋になっており、真田紐も通しています。

ティーカップのケース

ティーカップがしっかりと収まるように切り抜き加工をしています。底面には布を貼り付けています。

おもちゃ箱

木製の留め具・蝶番を用いて制作したおもちゃ箱です。